医療脱毛

医療レーザー脱毛はよく痛いと聞くけど、実際どうなの?

医療レーザーをしようか考える際、気になってしまうのが、医療レーザーの痛みです。
よく、痛みがあると聞きますが、実際はどうなのでしょうか。

 

医療レーザーには、アレキサンドラライトレーザー、ヤグレーザー、ダイオードレーザーなどといったように、いくつか種類があります。
この中で、しっかりと永久脱毛をすることが出来るのが、ダイオードレーザーです。
これは、FDA(アメリカ食品衛生局)から永久脱毛を承認されているレーザーで、他のレーザーとは違い、ムダ毛の太さや細さを問わず、脱毛を行うことが出来るだけでなく、また、施術を受ける人の肌の色を選びません。

 

また、施術を受ける人が感じる痛みにも対応することが出来るというのですから、驚きです。
とはいっても、レーザー脱毛は、ダイオードレーザーだけに留まりません。

 

実は私も、レーザー脱毛の経験者の一人です。

 

施術を受けるまでによく聞いていたのが、「輪ゴムでお肌を弾く程度の痛み」と聞いていたので、痛いといえば痛いけど、耐えられる痛みなんだな・・・という程度の考えしかありませんでした。
ですが、カウンセリングをしてもらい、実際に施術を受けてみたところ、これが非常に痛く驚いたのを、今でも覚えています。
レーザーは、黒い色に、より反応しますから、ムダ毛が薄い人に比べてムダ毛が濃い人の方が、より痛みが大きいようです。
私が受けた施術は、ダイオードレーザーではなかったので、余計に痛みを感じたのだと思います。
一方、ムダ毛が薄い友人は、本当に輪ゴムをお肌の上で弾く程度で、一番最初の施術は、それなりに継続した痛みを感じるものの、数回施術を受けるうちに、痛みは殆ど感じなかったといっていました。

 

このように、レーザー脱毛で伴う痛みには、個人差があります。
ムダ毛が濃くても痛みに耐えられる人もいれば、ムダ毛が薄くて輪ゴムで弾く程度でも耐えられないという人もいるくらいですから、一度お試し脱毛などを受けてみるといいでしょう。